当サイトは銀行カードローン、キャッシングサービスを社会人、学生、専業主婦、アルバイトの方が安心してご利用、お借入れ頂けるための最新情報を提供しています。

カードローンのNEW KING! > キャッシングコラム > カードローン審査に通らない理由

カードローン審査に通らない理由

  カードローンを利用したいけど審査に不安があるという方も少なくないのではないでしょうか? 実は審査にはいくつかポイントがあります。 今回はカードローン審査のポイントを3つに分けてどのような場合に審査が通りにくいのかわかりやすく情報をご案内していきます。  

信用情報

金融事故などの情報は、個人情報センターに一定期間登録されています。 具体的には3ヶ月以上の長期延滞、保証会社の返済を立て替えてもらう代位弁済などの情報は5年間登録されます。 また、借入金やクレジットカードの支払い状況は2年間登録されます。 銀行審査の場合は自己破産などの情報は10年間登録されると言われています。 この自己破産、長期延滞、代位弁済などの5年~10年登録されている情報を事故情報と言います。 また、他の借入金がどの程度あるのかも、信用情報に登録されています。  

審査の際には信用情報が大きく影響する

信用情報に事故情報が登録されている人のことを通称「ブラック」と言います。 審査の際には銀行や消費者金融はまず最初に信用情報に照会をかけますが、銀行や大手消費者金融の場合はブラックであると判明した時点でその続きの審査は行わず、その時点で審査には落ちてしまいます。 また、審査の際に信用情報から他債務の状況を調べて、多重債務者でないか、総量規制に抵触しないかなどの審査を行います。
  • 多重債務者
多重債務者とは一般的に4本以上の借入金がある状態の人を指し、多重債務者は審査に通過することが難しくなります。
  • 総量規制
銀行以外の消費者金融などの貸金業者だけにかかる規制です。 他社と合わせて年収の3分の1を超える借入れを行うことはできません。 例えば、年収300万円の人は3分の1の100万円までしか借りることはできませんが、A消費者金融ですでに70万円借りていた場合は、残り30万円までしか借りることはできません。 自分が多重債務者であるとはっきりしていたり、過去の借入れで延滞が多発していたような場合は銀行や大手消費者金融でカードローンを作成するのは残念ながら難しいかもしれません。  

信用情報以外の審査項目

信用情報以外にも審査の際に大切になる審査項目はたくさんあります。 勤務先や勤続年収、年収などが基準に合わずに審査に通らないという場合もあります。 勤務して数ヵ月しか経過していなかったり、年収に比べて借入金が多すぎたりと様々な理由で審査に落ちてしまうことが考えられます。  

まずは1度申込を行いましょう

カードローンは1枚持っていると急な入用の時にも助かるとても便利な商品です。 しかしながら様々な理由で審査に落ちてしまう場合がありますが、それでもどうしてもカードローンを作成したいという場合はまずは自分がどのような原因でカードローン審査に通過できないのかをまず知ることが大切です。 原因を究明するためにも、まずは当サイトで紹介しているカードローンに申し込みを行ってみてください。  

審査にお困りの方必見情報

2016年キャッシング会社ランキング

1位 プロミス

2位 三井住友銀行カードローン

3位 バンクイック

全国のプロミス店舗を探す 全国のアコム店舗を探す 全国のモビット店舗を探す

 

特集企画

低金利で安く借りたい

総量規制の対象外はこれ

スマホで完結!ポチッと現金

 

キャッシングコラム

特集企画

低金利で安く借りたい

総量規制の対象はこれ!

スマホで完結!ポチッと現金!