当サイトは銀行カードローン、キャッシングサービスを社会人、学生、専業主婦、アルバイトの方が安心してご利用、お借入れ頂けるための最新情報を提供しています。

カードローンのNEW KING! > レディースローンなら安心!主婦でも借りられます。

レディースローンなら安心!主婦でも借りられます。

レディースローンなら安心してキャッシングできます!

これまではカードローンといえば男性が利用するものというイメージが強かったのですが、昨今ではカードローンを利用する女性利用者がとても増えています。 正社員として働いている女性はもちろんのこと、特に目立って増えたのが主婦の方です。前々から主婦の方が夫に内緒でお金を借りたいニーズはたくさんありました。
最近ではお金を借りている人の約4人に1人が女性という統計がとれています。

限られたお金で家計のやりくりをしていますから、急な冠婚葬祭や忘れていた税金・保険の支払いなど突如としてお金が必要になるシーンがあっても、夫にはお金が足りないとは言いにくいものです。
そこで主婦の方のニーズに応えるように生まれたサービスがレディースローンです。
レディースローンについて詳しくみていきましょう。

レディースローンは普通のカードローンと何が違うのか?

では、レディースローンは普通のカードローンと何が違うのでしょうか。
まず、レディースローンは女性のためのカードローンであり、男性が利用する事は出来なくなっています。レディースローンの申し込みや問合せの窓口は全て女性スタッフが対応しています。
窓口が男性であるとお金を借りるのに躊躇してしまうことがありますし、安心して女性ならではの相談ができないものですが、相手が女性であれば家計の事情なども気軽に話せるようになります。
カードローンに抵抗があった女性にとっては嬉しい対応と言えますね。

また審査が女性向けに設定されているのもレディースローンの特徴です。パートをしている主婦の方の収入は限られており、通常のカードローンでは審査が通りにくくなっています。
レディースローンの審査は普通のカードローンよりも主婦向けにハードルを下げており、普通のカードローンでは審査が通らなかった人でもお金を借りやすくしているのです。

レディースローンの特徴

レディースローンの特徴をもう少し見ていきましょう。
正社員として働いている女性にとっても通常のカードローンよりもレディースローンの方が利用価値があるように見えますが、レディースローンにはデメリットもあります。
審査のハードルが低いため、借りられる限度額も限られます。月に6万円のパート代の主婦が100万円を借りることはできませんからね。
しっかりとした収入がある自立している女性であれば、通常のカードローンを利用する方がメリットが大きい場合もあります。
セキュリティ面や金利優遇面など女性ならではのサービスに価値を感じ、少額のお金が必要な場合にレディースローンの活用を検討してみるといいでしょう。
タイミングによっては、無利息期間が設置されていることもありますので、数あるサービスを事前に比較しておくと便利です。

専業主婦でも借りられるカードローンとは?

レディースローンは女性にとって大変嬉しいサービスですが、収入がない専業主婦などの場合、審査に通らない事があります。 では専業主婦はお金を借りることはできないのでしょうか?

専業主婦がキャッシングする場合の審査はどうなのか?

収入がない専業主婦でもカードローンを利用する方法があります。まず、銀行のカードローンを利用することです。 総量規制の対象外となっている銀行のカードローンであれば、自分に収入が無くても借りる事ができ、少額であれば夫の同意書も不要です。
そのため、家族にバレることなくカードローンを利用することができるのです。同じように、レディースローンでも収入の無い主婦の方が借りられるサービスがあります。総量規制についてはこちら
銀行カードローンもレディースローンも、期限までにお金を返すことができれば、家族に利用がバレることはありません。
しかし、延滞をする事になってしまった場合の督促には注意をしなければなりません。元々収入が無い主婦にとって、延滞をしてしまうことは一揆に信用がなくなることを意味します。 収入が無いわけですから、一度返済の延滞するだけで、支払い能力があると判断されなくなってしまうのです。
家族にバレずにお金を借りたいのであれば、返すことができる金額に抑えること、返済計画を明確にして期限までに必ず返す事が重要です。

専業主婦がキャッシングする場合の限度額は?

専業主婦は収入がありませんから、キャッシングをする場合の限度額は低めに設定されています。銀行や消費者金融によっても限度額は違いますが、夫の同意書がなければ、お小遣い程度の借り入れと思っておきましょう。
逆に、夫の同意書があれば最大で夫の年収の1/3まで借り入れをすることができます。ただし、責任は夫にもかかってきますから、家計を圧迫する事には変わりありません。
キャッシングには無理な金額を借りる事が出来ないように限度額の設定がされているわけですから、自分が返済できる範囲での借り入れを心がけるようにしましょう。

専業主婦がキャッシングする時に在籍確認は必要?

キャッシングを利用する場合、在籍確認が普通はありますが、専業主婦は勤務先がありませんので自身の携帯電話への確認はあります。 これは、審査を申し込んだ後2,30分〜2時間前後でかかってきます。聞かれる内容は申し込んだ内容確認程度です。
家族に内緒でキャッシングしたい場合、自分の携帯なのでバレることはありません。
たぶん心配なのは夫の職場に在籍確認されないか、というところでしょう。
しかし、夫の職場に在籍確認されることはありません。これは銀行のカードローンで共通のルールです。専業主婦として生活できている時点で、夫に安定した収入がある事がわかるからです。

総量規制とは

2011年6月18日から施行された「総量規制」

貸金業法の改正によって導入されたのが総量規制です。
多重債務を抱える人が増え、場合によっては自殺をしてしまう人が増えたことによって考えられた規制であり、貸金業法の改正と共に消費者金融業界は大きく変わることになりました。
総量規制とは、自分の年収の1/3までしかお金は借りられませんよ、という法律です。
自分の年収を大幅に超えるお金を借りると、返済が難しくなりますので、返済が出来なくなる前に止めてしまおうというものです。
複数の消費者金融で借りる場合も同様で、合計が年収の1/3である必要があります。そもそも、年収の1/3はかなりの額になります。
総量規制の限度額を気にするよりも前に、そこまでお金お借りなければならない状況をつくらないことが大切です。

総量規制の対象となる借入は?

総量規制は、貸金業者に対しての規制なので、銀行は対象外となります。銀行であれば、年収の1/3という限度はありません。 主婦の方が消費者金融からお金を借りる場合も総量規制は、夫の同意書が必要であり、夫の収入の1/3という限度額が設定されます。 最近増えているレディースローンであれば、夫の同意書無しで借りる事ができますが、総量規制以前に限度額が低めに設定をされています。

どんな借入も総量規制の対象となる訳ではない

どんな借入も総量規制の対象となる訳ではありません。レディースローンを利用する場合は、あまり多額の金額を借りる事は無く、限度額も低めに設定されています。 レディースローンで少額のお金を借りる場合は、総量規制の対象とはなりません

総量規制対象外の貸付とは

総量規制は、年収の1/3までしかお金を借りる事ができないルールとなっていました。年収が600万円の人は、200万円以上を借りる事ができません。
しかし考えてみてください。200万円が限度額ということは、家はもちろんのこと、車の購入も困難になりますよね。ローンももちろん借入の一種です。
総量規制では、「ローン全般」は総量規制の対象外となっています。 住宅ローンを組むためには、3000万円〜5000万円の借り入れをするのが通例であり、車の購入も200万円以上ローンを組む場合があるでしょう。
これらに総量規制をされていまうと生活ができなくなってしまいますよね。住宅ローンや車ローンといったローン関係の借り入れについては総量規制からは省かれています。

除外貸付の例

総量規制の除外貸付にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。
まず、先ほどお話した住宅ローンですね。一戸建てやマンションの購入のために利用するローンは除外貸付となります。車のローンも同様です。
年収600万円の人が車のローンで100万円借りていたとします。総量規制ではローンの100万円が対象とならないので、借り入れができる限度額は200万円となるのです。
また、高額療養費の貸付けも除外となりますし、有価証券担保貸付け、不動産担保貸付けも除外です。
大きなお金が必要になる人は、自分が借りているお金が総量規制の除外貸付になるのかを事前に知っておく必要がありますね。

総量規制の例外となる借入(除外と例外は違います)

総量規制では、「除外」と「例外」があり似ている言葉ですが意味は違います。
除外は総量規制に含まれないものを言いました。例外とは、総量規制に含まれますが、年収の1/3規制を超えても借りる事ができるお金になります。
総量規制の例外には、顧客にとって有利になる場合、とあります。これはおまとめローンのことを指しています。
おまとめローンについては後ほどご説明します。他には、緊急の医療費が必要な場合は例外となります。
高額の医療費の場合は除外なので少しややこしいですが、急な手術が必要な場合や今すぐお金がないと治療が出来ないような場合は例外になると言う事です。
例外であっても返さなければならない金額には変わりありません。

もう1つ重要な例外ケースが個人事業主であるということです。
小さな商店をやっている場合や自宅で仕事をして生計を立てている個人事業主の方は、例外になります。借りるのは個人であっても個人事業であることだけで総量規制の例外対象となるのです。

総量規制対象外でお金を借入する方法

総量規制対象外で即日融資を受けるためには

総量規制対象は消費者金融に限られるため、銀行のカードローンは総量規制対象外となります。
銀行カードローンの、特にレディースローンであれば即日融資が可能です。急にお金が必要になった、でも夫に相談ができないという主婦のために考えられているサービスです。
夫の同意書などが不要であるため、借りられる金額は多くありませんが、急にお金が必要になった時に利用できる便利なサービスです。
ただし注意して欲しい点もあります。レディースローンの流行に合わせて、悪徳業者が主婦の方でも簡単に借りられる広告を出しています。
考える時間を与えずに申込ができるようになっているため、金利がものすごく高かったり、督促が乱暴であったりといった被害が出ているのです。
即日融資が必要であり急いでいるからといってお金を借りるための業者を調べる事と、条件を見落とさないことだけには注意をしてください。

おまとめローンは総量規制の対象外

借りる人にとって有利になる場合は、総量規制対象外となります。
代表的なものがおまとめローンです。多重債務に苦しむ人は、借りている業者の数が多く、どこに順番に返していけばいいのかも分からなくなっているケースがあります。
おまとめローンにすることで、債務を1社にまとめることができるので、返済計画を立てやすくなり、多重債務に苦しむ毎日から開放されるようになるのです。
おまとめローンは、お金を借りる側にメリットがありますので、総量規制の対象外となるのです。
たくさんの借金に苦しんでいる方や複数の債務管理が面倒になった方は、おまとめローンの検討をしてみてください。

専業主婦の方は銀行のカードローンがおすすめ

収入の無い専業主婦の方でも急にお金が必要になることがあります。 専業主婦の方がお金を借りるなら銀行のカードローンがおすすめです。まず、名前の知れた銀行には安心感があります。
詐欺まがいの消費者金融にビクビクする必要は無く、安心してお金を借りる事ができるので、返済計画もしっかりと立てることができるようになります。
また、銀行のカードローンは夫の同意書が不要のところも多く、内緒で借りる事ができるのです。
できれば借金はしたくないものであり、家庭にも知られたくないものです。自分で責任をもって管理することができるので、気持ちのも余裕が出てきます。
負担する金利も高くないため、まとまったお金があるときに返済できるのも魅力的ですよね。

  • レディースローンは対応するスタッフが全て女性なので女性が利用しやすいサービスです。
  • 専業主婦は銀行系のカードローンなら即日融資も可能。

審査にお困りの方必見情報

2016年キャッシング会社ランキング

1位 プロミス

2位 三井住友銀行カードローン

3位 バンクイック

全国のプロミス店舗を探す 全国のアコム店舗を探す 全国のモビット店舗を探す

 

特集企画

低金利で安く借りたい

総量規制の対象外はこれ

スマホで完結!ポチッと現金

 

キャッシングコラム

特集企画

低金利で安く借りたい

総量規制の対象はこれ!

スマホで完結!ポチッと現金!